シロ

シロ

デッドマン・ワンダーランド(漫画)の主人公。別称、レチッド・エッグ。

登場作品
デッドマン・ワンダーランド(漫画)
正式名称
シロ
別称
レチッド・エッグ
別称
赤い男
関連商品
Amazon 楽天

概要

『デッドマン・ワンダーランド』の主人公のひとり。国籍不明の10代の少女。色素欠乏症でアルビノ特有の白い髪と赤い目を持つ。ガンタの幼馴染で自称、親友。実は五十嵐空絵が息子の身代わりとして連れてきた被験体。年の割に幼く純粋で、善悪の判断がつかない。昔、空絵に教えられたマザーグースのウッドペッカーの歌を、よく口ずさんでいる。

超人的な身体能力に加えて痛覚を失っているため、罪の枝を使っての戦闘能力は破壊的に高い。攻撃の際は、幼少期に好きだったヒーローのエースマンになりきっている。国立医療防疫センターで実験体として育ち、その頃、ガンタと友達になる。体内に定着したナノマシンの研究材料として、麻酔が効かない状態で幾度も解剖されるなど、酷い目にあう。

残虐な実験の影響で解離性同一性障害となり、痛みを引き受ける人格として赤い男レチッド・エッグが出現する。レチッド・エッグのときはマスクで素顔を隠しており、「キシッ」という擬音の狂人的な笑い方をする。二重人格のため、シロのときはレチッド・エッグ時の記憶はなく、くったくがない明るい性格。

幼少期に唯一の遊び相手だったガンタに対する執着は強く、嫉妬心から学校の友達を皆殺しにしてしまうほど。東京大震災を引き起こした張本人。レチッド・エッグの力は、通常はDW内に設置されたマザーグース・システムによって封印されている。

ナノマシンの影響で死ねない体に絶望していたため、戦いの中で大好きなガンタに殺されることを願う。

関連人物・キャラクター

五十嵐 丸太

『デッドマン・ワンダーランド』の主人公のひとり。コード名はウッドペッカー。チビで気弱なところがあるが、素直で前向き。自分の所有物に丸太のマークを入れる癖がある。震災時の東京から長野への疎開組。父子家庭... 関連ページ:五十嵐 丸太

関連キーワード

デッドマン・ワンダーランド

東京大震災の10年後にできた日本唯一の完全民営化された刑務所。表向きは東京復興のための観光事業を刑務としている。テーマパークを併設しており、囚人を使った非人道的なショウやアトラクションの収入で運営して... 関連ページ:デッドマン・ワンダーランド

登場作品

デッドマン・ワンダーランド

少年のガンタ(五十嵐丸太)が仲間と共に理不尽な体制に逆らい、脱獄しようとする監獄サバイバルアクション。随所にマザーグースからの引用がみられる。派生作品に『あなざー。デッドマン・ワンダーランド』がある。 関連ページ:デッドマン・ワンダーランド

SHARE
EC
Amazon
logo