ジッポウ

ジッポウ

忍者ハットリくん(漫画)の登場人物。別称、ジッポー。

登場作品
忍者ハットリくん(漫画)
正式名称
ジッポウ
別称
ジッポー
関連商品
Amazon 楽天

概要

伊賀のかくれ谷のそのまた奥に住む、図体の大きい亀のような姿をした忍者怪獣。ハットリくんが4歳の頃からの修行友達で、後を追って上京してきた。ハットリくんのことを「カンチャン」と呼ぶ。便利な尻尾は回転させて空を飛んだり、ドリルにして地中を掘り進んだり、手裏剣状の鱗を飛ばすことができる。

鼻からはガスを噴出できる他、転がって体当たりする岩車輪、大きな両足で挟む64文サンド打ちなどの技がある。丸まって岩に化けることができるが、本人曰くけっこう疲れるという。大好きなものは犬と大福。風呂が嫌いだが、自分が掘り当てた温泉は気に入っているようだ。台詞はカタカナだったが、再上京してからは普通の表記になり、語尾に「ポー」を付けるようになった。

関連人物・キャラクター

ハットリ カンゾウ

通称ハットリくん。伊賀の里からやってきた優秀な少年忍者。どんぐりまなこに「へ」の字口、頬には渦巻きの模様がある。忍者装束の色は黒だったが、リバイバル時に青に変更された。下着はふんどしを身に着けている。... 関連ページ:ハットリ カンゾウ

登場作品

忍者ハットリくん

藤子不二雄Aの代表作のひとつ。現代の町に現れた少年忍者ハットリくんとその仲間たちとの騒動を描く。連載スタート時、シリアスな存在として子供たちに流行っていた忍者を、読者目線の友達として出現させた。日常生... 関連ページ:忍者ハットリくん

SHARE
EC
Amazon
logo