ジャン・ドナデュウ

のだめカンタービレ(漫画)の登場人物。千秋真一とはライバル関係。

  • ジャン・ドナデュウ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
のだめカンタービレ(漫画)
正式名称
ジャン・ドナデュウ

総合スレッド

ジャン・ドナデュウ(のだめカンタービレ)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

才能溢れるフランス人指揮者の青年。世界的な指揮者であるセバスチャーノ・ヴィエラの弟子で、千秋真一のライバルといえる存在。華やかで人を惹き付ける魅力があり、プラティニ国際指揮者コンクールで千秋と優勝を争った際には、哲学的で重厚な指揮から千秋が黒王子と呼ばれたのに対して、感覚的で色彩的な指揮をとるジャンは白王子と呼ばれた。

白バラが舞うような流麗な指揮に定評があるが、一方でどんな曲でも同じように指揮してしまい、演奏の深みに欠けるという欠点がある。ゆうこという日本人の恋人がおり、ラブラブな関係。

登場人物・キャラクター

桃ヶ丘音楽大学のピアノ科に通う男子大学生。父は世界的なピアニスト、母は資産家の令嬢というエリート。パリで生まれ、幼少期をヨーロッパで過ごした。完璧主義者でわがままなところもあるが、ルックスがよく頭脳明...
世界的に有名なイタリア人指揮者の男性。千秋真一が子どもの頃から師と仰ぎ、指揮者を目指すきっかけとなった人物でもある。指揮者である千秋の父親とは友人同士。幼少期の千秋と短い期間を過ごしただけで、本格的な...

登場作品

世界観前半は日本の桃ヶ丘音楽大学、後半はフランスをおもな舞台とした作品。作中では時間が経過し、登場人物たちも大学生から社会人へと変遷していく。なお、タイトルにある「カンタービレ」とは、「歌うように・表...