ジャン・ポール・ベルボトム

静粛に、天才只今勉強中!(漫画)の登場人物。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
静粛に、天才只今勉強中!(漫画)
正式名称
ジャン・ポール・ベルボトム
ふりがな
じゃんぽーるべるぼとむ

総合スレッド

ジャン・ポール・ベルボトム(静粛に、天才只今勉強中!)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

ジャコバン派に属す国民公会議員。国王ルイ16世処刑に立ち会う任務を与えられたジョゼフ・コティの監視役としてサン・ジュストに命じられ同行した。以降、何かとコティとは縁があり、リヨンにも派遣議員として同行し、ともに虐殺を行った。黒髪、太眉、ドングリまなこの男で権力を笠に着た行動が多い。

しかしマクシミリアン・ド・ロベスピエールが用意したコティの逮捕状に署名することを拒否し、以降反ロベスピエール派としてテルミドールのクーデターを戦った。名前はフランスの俳優ジャンポール・ベルモンドのもじり。

登場人物・キャラクター

マクシミリアン・ド・ロベスピエールの右腕的存在。25歳にして国民公会議員に当選した美貌の政治家。国王ルイ16世の裁判で処女演説を行い、その死刑を決定づけた。ジョゼフ・コティの日和見ぶりを怪しみ、国王ル...
「リヨンの虐殺者」、「サンクールの風見鶏」の異名を持つ政治家。18世紀後半フランスに生まれる。修道院で少年たちに物理を教えるユニークな教師だったが、フランス革命が起こると教師を辞任し、故郷のナントで議...

登場作品

18世紀後半のフランス。修道院で物理学の教師だったジョゼフ・コティは、フランス革命に乗じて議員となりパリの政界に身を投じた。常に多数派につくことを信条とする日和見主義者のコティは、マクシミリアン・ド・...