ジュウザ

北斗の拳(テレビアニメ)の登場人物。ラオウとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
北斗の拳(テレビアニメ)
正式名称
ジュウザ
ふりがな
じゅうざ

総合スレッド

ジュウザ(北斗の拳)の総合スレッド
2016.01.25 12:32

概要

南斗最後の将直属の護衛軍団長南斗五車星の1人。雲のシンボルを司り、何者にも縛られない自由な暮らしを謳歌していた。はじめは南斗最後の将の要請を断り続けていたが、その素性を知って考えを翻し、拳王軍の侵攻を阻止すべくラオウの前に立ちふさがる。

ユリアとの間に秘められた縁をもつ。

登場人物・キャラクター

世紀末の覇者、拳王を名乗る男。北斗の先代伝承者が養子にとった4人の後継者候補の長兄。トキとは実際の血縁がある。その野心を恐れて拳を封じようとしてきた師を殺害し、乱世の頂点に立つべく大軍を率いて各地へ侵...

関連キーワード

およびその称号。南斗聖拳の正統な血統を引く者。全身に甲冑をまとって顔を隠している。その素性を知ったジュウザは即座に自らの宿命を引き受けたほか、ケンシロウとラオウのいずれが先に会うかで天下の行方が変わる...
『北斗の拳』に登場する集団。南斗最後の将のために戦う5つの軍勢。各軍は1つずつ自然のシンボルを掲げている。風のヒューイ、炎のシュレン、山のフドウ、雲のジュウザ、海のリハクがそれぞれの長。

登場作品

199X年、核戦争で人類社会は瓦解。食糧と水をめぐり強者が弱者を暴力で虐げる地獄が地上を覆った。そこへ最強の暗殺拳・北斗神拳の使い手ケンシロウが現れ、かつて恋人をさらった宿敵・シン率いるKING軍など...