ジョセフ・ジョースター

ジョジョの奇妙な冒険 Part 2 戦闘潮流(漫画)の主人公。別称、ジョジョ。エリナ・ジョースターとは親族関係にある。

  • ジョセフ・ジョースター
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 2 戦闘潮流(漫画)
正式名称
ジョセフ・ジョースター
別称
ジョジョ

総合スレッド

ジョセフ・ジョースター(ジョジョの奇妙な冒険 Part 2 戦闘潮流)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

第1部の主人公であるジョナサン・ジョースターの孫。イギリスで育ち、本作の冒頭の時点で祖母のエリナ・ジョースターと共にニューヨークに移住。努力を嫌い、トリックやイカサマを好む。しかし深く情愛を抱く者のためには自らの身を犠牲にすることも厭わず、また黒人のスモーキー・ブラウンに対する差別的な扱いに怒りをあらわにするなど、軽々しい振舞いの奥底には正義の心を持つ。

生まれつき波紋の才能を祖父から引き継いでいるが、訓練の機会に恵まれなかったため、当初は戦闘で苦戦を強いられる。それを補っていたのは、鋭い洞察力と柔軟な発想力である。特に先読みに優れ、次に相手が言うセリフを先回りして言う特技を持っている。

波紋の修行をした後は戦士としての才能を開花させ、強化された波紋と数々の意表をつくトリックを組み合わせ、高等生物である柱の男たちとも対等に渡り合うほどの成長を見せた。カーズとの最終決戦で死亡したものと思われていたが、実際は生存してスージーQと結婚。しかし、その報告を彼女が忘れていたために、自らの葬儀後に墓前で結婚を知らせることになった。

登場人物・キャラクター

ジョセフ・ジョースターの祖母で、第1作の主人公であるジョナサン・ジョースターの妻。旧姓はペンドルトン。本作では丸いサングラスをかけた老淑女となっている。夫のジョナサン・ジョースターは吸血鬼となったディ...

登場作品

物語の始まりは1938年。英国紳士であり、吸血鬼と共に太平洋に沈んだジョナサン・ジョースターの孫であるジョセフ・ジョースターはニューヨークへと移り住んでいた。一方その頃、かつてジョナサン・ジョースター...