ジョゼフィーヌ・ド・ボーアルネ

栄光のナポレオン-エロイカ(漫画)の登場人物。別称、ジョゼフィーヌ。ナポレオン・ボナパルトとは親族関係にある。

  • ジョゼフィーヌ・ド・ボーアルネ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
栄光のナポレオン-エロイカ(漫画)
正式名称
ジョゼフィーヌ・ド・ボーアルネ
別称
ジョゼフィーヌ

総合スレッド

ジョゼフィーヌ・ド・ボーアルネ(栄光のナポレオン-エロイカ)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

実在のフランス皇后ジョゼフィーヌ・ド・ボーアルネがモデル。ナポレオン・ボナパルトの妻。後に彼のフランス皇帝即位に伴い、皇后となる。元はアレクサンドル・ド・ボーアルネ子爵の妻だったが、総裁政府の実力者・バラスの愛人となっていた。男性の目を引く容貌で社交界でも有名だったが、派手好きで浪費癖があり莫大な借金を抱えていた。

ナポレオン・ボナパルトの求婚を止むを得ず受入れ結婚するが、浮気を繰り返していた。ナポレオン・ボナパルトのエジプト遠征後は、貞淑で一心に彼を思うようになる。

登場人物・キャラクター

実在のフランスの政治家・軍人ナポレオン・ボナパルトがモデル。初登場時は26歳。コルシカ島出身。砲兵将校で当時の位は少将。ジャコバン派に与していたとして追放され、失業中の貧乏士官だったが、国内軍総司令官...

登場作品

革命期のフランス。(1795年)、首都パリで王党派の反乱(ヴァンデミエールの反乱)が勃発。時の権力者ポール・バラスは国内軍総司令官として、ナポレオン・ボナパルトを副官に起用する。ナポレオン・ボナパルト...