ジョナス・エデルマン

ジョナス・エデルマン

概要

後藤玲子ニコル・エデルマンの実父。若き日にヴァンパイアの存在を知り、その勢力と人間社会の関わりを探ることにその生涯を捧げた。この時書かれたのが「エルデマン・レポート」。「調停者」である石動の娘と結婚し、二人の娘を得るが離婚。

姉のジョゼフィンは日本側が引き取り、妹のニコルはジョナスが引き取った。

登場作品

ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド スレッジハマーの追憶

バンド成立後に外務省を辞め、祖父の後を継ぎ政治家として立候補した後藤玲子と、彼女を狙う「結社」の暗躍。それを護る浜誠児と鏑木アキラという構図をメインに、玲子と浜の過去が明らかにされる。 関連ページ:ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド スレッジハマーの追憶

SHARE
EC
Amazon
logo