ジョン・ホール

ジョン・ホール

黒博物館ゴースト アンド レディ(漫画)の登場人物。

登場作品
黒博物館ゴースト アンド レディ(漫画)
正式名称
ジョン・ホール
ふりがな
じょんほーる
関連商品
Amazon 楽天

概要

クリミア戦争が行われている戦地にほど近いスクタリ野戦病院の責任者である軍医長官。〈生霊〉や幽霊が見える体質の持ち主であり、若かりしころからデオン・ド・ボーモンと手を組み邪魔者を暗殺してもらってきた。20歳でイギリス陸軍省医務局に入局したが、医療にはまったく興味はない。

医師免許は持っているが、これは50歳になってから渋々取得したもの。スクタリ野戦病院に赴任した時点で現地の状況は劣悪なものだったが、ジョン・ホールは本国に何ら問題ないと報告し、その後も事態を改善させるための努力を一切行わなかった。のちにフロレンス・ナイチンゲール(フロー)が看護団を率いてスクタリにやってくると、非協力的な態度を示すに留まらず、むしろ積極的に妨害するように。

しかしフローがそれにもめげず、協力者を得て徐々に環境を改善していくと、自分の怠慢・無能が本国に知られてしまうことを恐れ、デオンにフローの暗殺を依頼。幽霊のグレイによって暗殺は阻止され、以降もフローは精力的に行動し続けたため、いっそう憎悪を募らせていった。

虚偽の事実を書き連ねた報告書を本国に送ることでフローを排除しようと画策するも、かえってそれが本国を混乱させることになり、結果として客観的な視点からの調査がなされ自身の怠慢が明白になってしまう。不可思議なことに責任を問われることはなかったが、フローへの殺意は収まることなく、確実に彼女を仕留めるべく、より戦地に近いクリミア半島へと招くのだった。

同時代の実在人物、ジョン・ホールをモデルにしている。

登場作品

黒博物館ゴースト アンド レディ

ドルーリー・レーン王立劇場に住まう幽霊グレイは、あるときナイチンゲールと、彼女が絶望したときに取り殺すという契約を交わす。しかしナイチンゲールはどんなときもめげることなく難局にあたり、またグレイはそん... 関連ページ:黒博物館ゴースト アンド レディ

SHARE
EC
Amazon
logo