ジョージ

X+Y(漫画)の登場人物。アンアン、タクトとは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
X+Y(漫画)
正式名称
ジョージ

総合スレッド

ジョージ(X+Y)の総合スレッド
2016.01.25 12:34

概要

タクトの育て親の男性。医師。9年前にホン・コンの病院で知人のライト・ムーンサルト博士から、衰弱状態のタクトを預けられた。火星出発前に検査を受けたタクトが、実は身体器官的に女性であったことを知り、悩みながらも本人に打ち明ける。タクトは女性化を拒絶するが、なんとしても女性化するべきだと考え、タクトライト・ムーンサルト博士に会わせようとする。

会話の時、話が迂遠になってしまうことが多く、妻のアンアンに要点を話すよう促されている。

登場人物・キャラクター

タクトの育て親の女性。医師。ジョージの妻。アレルギーカルチャーブレインの一員でもあり、タコ計画の参加者として、ザーズやタクトたちと共に火星に赴く。だがその出発前の検査で、少年として育ててきたタクトが実...
隔世遺伝で一角獣種の特徴が現れた少年。16歳。7歳以前の記憶を実父ライト・ムーンサルト博士によって消され、博士の知り合いである医師ジョージに預けられて育った。11歳でアレルギーカルチャーブレインに入り...
タクトの実父。ハワイの大学院で遺伝子の研究をしているうちに、性転換の薬を発明。それを服用して女性になってしまった同じ研究室員のマーブルと結婚し、タクトが生まれた。マーブルの自殺後、タクトの記憶を消し、...

登場作品

X+Y
火星建国80周年のカナル・プランのため、緑化プランを作った地球の研究者集団アレルギーカルチャーブレインの少年タクトは、火星への出発前に行った検査の結果自分が身体器官的に女性であると告げられる。ホルモン...