ジョー・古城

最前線(漫画)の登場人物。読みは「じょー・こしろ」。別称、ビー玉。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
最前線(漫画)
正式名称
ジョー・古城
ふりがな
じょー・こしろ
別称
ビー玉

総合スレッド

ジョー・古城(最前線)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

442部隊ヤンキース分隊所属。階級は一等兵。ハワイ出身の日系二世。日本語に時々関西弁が交じるお調子者。ミッキー・熊本とは付き合いも長いため良き理解者で、厳しい態度に不信感を覚える新兵たちに、ミッキー・熊本の真意を伝える役目を担う。小柄でありながら肝が据わっていて、例え拷問で気絶するほど恐ろしい目に遭っても、絶対に白状しない男らしさは仲間たちも認めている。

ただし幽霊には弱い。ドイツ兵に狙われた将軍役として身代わりに捕えられ、敵の正体やアジトの情報を伝えてきた。

登場人物・キャラクター

442部隊ヤンキース分隊分隊長。スタート時の階級は伍長。ハワイ出身の日系二世で、日本の真珠湾攻撃以降、一般のアメリカ人たちの日本人移民に対する態度が変わってしまい、母と二人で経営していた花屋を破壊され...

関連キーワード

『最前線』に登場する組織。アメリカ陸軍の日系二世で編成された部隊で、そのほとんどが、故郷の収容所に入れられた家族を偏見による迫害から守るための志願兵。最初は中隊長などの指揮官には二世以外の一般のアメリ...

登場作品

第二次世界大戦中のヨーロッパで、ドイツ軍の進攻を食い止めるために、ミッキー・熊本伍長をはじめ、バッキー・平方ジョー・古城(ビー玉)サミー・渡辺(野牛)らアメリカ陸軍の日系二世で編成された442部隊のヤ...