スガル

サスケ(漫画)の登場人物。楓とは親族関係にある。

  • スガル
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
サスケ(漫画)
正式名称
スガル

総合スレッド

スガル(サスケ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

旅の途中で病に倒れた大猿大助を助けて愛しあうようになった百姓女で、隠れキリシタン。かつて一揆に加わった夫が殺され、娘の大猿大助サスケと共に稲作をして暮らすようになる。その後、村の隠れキリシタンを助けるため、大猿大助がおかげまいりを起こして伊勢神宮に村人たちを向かわせた時、その中に紛れて伊賀の抜け忍たちが暮らす隠れ里に辿り着き、住み着いた。

だが隠れ里を見つけた服部半蔵によって抜け忍たちは毒殺され、残った抜け忍たちも里から脱出。大猿大助と結婚してその子を宿していたスガルを失い、サスケに見守られながら赤ん坊を産み落とし、亡くなっている。

登場人物・キャラクター

甲賀流忍者で真田幸村配下の猿飛忍群の一人であることから、大猿の名で呼ばれるサスケの父親。子供のころにさらわれ、忍者として育てられた。豊臣方の残党抹殺を狙う服部半蔵の娘率いる公儀隠密に妻を殺され、サスケ...
スガルの一人娘。大猿大助と母が相思相愛になった後、サスケに姉のように接している。亡き母への思いから父の再婚を受け入れられなかったサスケに対して、早くから二人の結婚を望んでいた。同じ隠れキリシタンの母や...
甲賀流忍者の父親大猿大助から猿飛の術を受け継ぎ、子供ながら微塵がくれや炎がくれなど様々な忍術を駆使する少年忍者。母親を公儀隠密に殺され、その思慕の念に強く囚われることになる。大猿大助と共に諸国を放浪し...

登場作品

江戸時代初期、猿飛の術を使う甲賀流忍者の子供として生まれたサスケは父の大猿大助と共に諸国を放浪。徳川家康に逆らう猿飛の忍者を狙う公儀隠密や柳生忍群に追われながら、虐げられる百姓やキリシタンの味方となっ...