スセリ

ナムジ(漫画)の登場人物。別称、スセリビメ。スサノオとは親族関係にある。

  • スセリ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ナムジ(漫画)
正式名称
スセリ
ふりがな
すせり
別称
スセリビメ

総合スレッド

スセリ(ナムジ)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

スサノオの末子。於投馬(いずも)を支配している布都族(ふつぞく)の後継者。気丈な性格で、鉱山にいたナムジを馬屋番として採用する。遠乗りに出かけところをエミシに襲われたが、ナムジに助けられる。これがきっかけとなりふたりは結ばれるが、ナムジはこの後、正式な婿と認められるため、様々な試練を課せられることとなる。

古事記に記された女神・須勢理毘売命(スセリビメ)がモデル。

登場人物・キャラクター

於投馬(いずも)の大王。イザナミ、イザナギの息子。スセリ、イタケル、オオドシ、イワサカらの父。その先祖は韓国(からくに)からやってきたと伝えられる。木次(キツギ)のオロチを斬って於投馬の支配権を確立し...

関連キーワード

朝鮮半島を経て渡来した騎馬民族の末裔である布都族が支配している。周辺との勢力争いが激しい。主人公ナムジは童の頃、異国の難破船で於投馬に流れ着いた。現在の島根県出雲地方。

登場作品

2世紀後半の日本。孤児であるナムジは於投馬(いずも)の鉱山に送られ、倭人の刺青(さしずみ)を入れられ、たくましく成長する。於投馬の大王スサノオの娘スセリの馬番となったナムジは、エミシから彼女を救ったこ...