スタン・ザ・マン

スタン・ザ・マン

となりの格闘王(漫画)の登場人物。別称、スタン。

登場作品
となりの格闘王(漫画)
正式名称
スタン・ザ・マン
ふりがな
すたんざまん
別称
スタン
別称
スタン・ロギニディス
関連商品
Amazon 楽天

概要

オーストラリア出身のキックボクサー。重いパンチが特長。かつてベニー・ユキーデに見いだされ、彼のもとで実力を磨く。正道会館の後楽園ホール大会では後川聡之にTKOで勝利する。しかし、第1回K-1GPは練習中に拳を骨折して棄権することに。その後、骨折から回復すると佐竹雅昭と対決。

平仲明信から「下45°からコンパクトに打つ」フックを習った佐竹に敗北してしまう。さらにオーストラリアでのリベンジ戦では試合結果はドローだが内容は佐竹優勢だった。作中では大量の肉を食らう肉食系ファイターとして描かれていた。実在の人物スタン・ザ・マンがモデル。

登場作品

となりの格闘王

1992年~1994年当時の正道会館を中心とするフルコンタクト空手、ならびにそこから発展して生まれたK-1の興隆を、主人公の格闘家、佐竹雅昭が世界の格闘家たちと闘う様子を中心に描いていく。佐竹を筆頭に... 関連ページ:となりの格闘王

SHARE
EC
Amazon
logo