スティール・ボール・ラン

スティール・ボール・ラン

概要

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン』の舞台となる、北米大陸横断レース。1890年9月25日にサンディエゴよりスタートし、ゴール地点はニューヨーク。全長6000kmに及ぶコースを、ひとつの乗り物だけを使って完走を目指す。多くの選手は乗馬によって参加しているが、他の動物はもちろん、自分の脚力のみや、あるいは自動車による参加も許可されている。

途中にチェックポイントが9ヶ所あり、そこさえ通れば途中のコースは自由。そしてチェックポイントごとにステージが分けられ、通過順位に応じてタイムボーナスが与えられる。賞金は優勝が5000万ドル(約60億円)。以下、2位が100万ドル、3位が50万ドル、4位が25万ドル、5位が12万ドルとなっている。

しかし、こうしたレースは表向きの姿で、レースを通じて聖なる遺体を回収することが、黒幕であるアメリカ合衆国大統領・ファニー・ヴァレンタインの真の目的である。

登場作品

ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン

舞台となるのは1890年のアメリカ。元騎手であり、今は下半身不随となっているジョニィ・ジョースターは、北米大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」のスタート地点を訪れていたが、参加者のひとりであるジ... 関連ページ:ジョジョの奇妙な冒険 Part 7 スティール・ボール・ラン

SHARE
EC
Amazon
logo