スティーヴァ・オヴロンスキー

アンナ・カレーニナ(漫画)の登場人物。別称、オヴロンスキー。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アンナ・カレーニナ(漫画)
正式名称
スティーヴァ・オヴロンスキー
フリガナ
スティーヴァオヴロンスキー
別称
オヴロンスキー

総合スレッド

スティーヴァ・オヴロンスキー(アンナ・カレーニナ)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

アンナ・カレーニナの兄。不倫騒動を起こして妹アンナに仲裁を頼んだことが、アンナアリョーシャ・ヴィロンスキーの出会いの遠因となった。妻ドリィとの間に5人の子供がおり(作中にはグリーシャ、ターニャ、ワーシャが描かれる)、妻との離婚は望んでいない。妻ドリィの妹キチィを一途に想いつづけているコンスタンチン・レーヴィンの親友であるが、アンナヴィロンスキーが出会う前にヴィロンスキーと話し、キチィをめぐる恋の勝負では田舎の地主のレーヴィンには勝ち目がないと考えた。

登場作品

19世紀ロシアの貴族社会。美しい良妻賢母の人妻、アンナ・カレーニナは兄の浮気問題を解決するためモスクワへ赴き、偶然、青年将校アリョーシャ・ヴィロンスキーに出会う。ヴィロンスキーの情熱に心を動かされ、禁...