スピカ

スピカ

魔探偵ロキRAGNAROK(漫画)の登場人物。

登場作品
魔探偵ロキRAGNAROK(漫画)
正式名称
スピカ
ふりがな
すぴか
関連商品
Amazon 楽天

概要

食い逃げ犯としてロキの前に現れた謎の少女で、カールした黒髪のショートボブと頭の上で結んだ大きなリボンが特徴。呪いにより記憶と言葉を奪われており、本人の希望もあってメイドとして一時的にロキの家へ匿われた。異常な大食いで常に何かを食べており、乙女座を構成する一等星を表すスピカという名前は、“穀潰しにならないように”という意味をこめてロキが名付けた仮名である。

のちにその正体がロキのかつての恋人であり、闇野竜介フェンリルの母である巨人族、アングルボダであることが発覚し、呪いが解けたあともメイドとしてロキたちと暮らすことになる。また、スピカという仮名も気に入り、そのまま使っている。

登場作品

魔探偵ロキRAGNAROK

悪戯三昧の罰として最高神オーディンによって少年の姿へ変えられ、神界から人間界に落とされた邪神ロキが、ミステリーマニアの女子高生、大堂寺繭良や仲間たちとともに、探偵業で出会った事件を通して人間に寄生する... 関連ページ:魔探偵ロキRAGNAROK

SHARE
EC
Amazon
logo