スレッガー・ロウ

機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)の登場人物。ドズル・ザビとはライバル関係。

  • スレッガー・ロウ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
機動戦士ガンダム THE ORIGIN(漫画)
正式名称
スレッガー・ロウ
ふりがな
すれっがーろう

総合スレッド

スレッガー・ロウ(機動戦士ガンダム THE ORIGIN)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

強襲揚陸艦ホワイトベースの乗組員。階級は中尉。ホワイトベースが地球連邦軍本部ジャブローに到着した際、新規に乗組員として組み込まれた。戦闘経験豊富で確かな腕を持つパイロット。元々はモビルスーツ・ジムのパイロットだったが、ジブラルタルでジオン軍シャア・アズナブル大佐のザクに自機のジムを破壊されてからは、主にコア・ブースターに搭乗するようになった。

陽気で男気あふれる性格で、サイド6ではかつての婚約者であるカムラン・ブルームの誠意を踏みにじるような言動をしたミライ・ヤシマに平手打ちして説教した。このことからミライ・ヤシマに好意を寄せられるようになったが、その直後のソロモン攻略戦でドズル・ザビが操るモビルアーマー・ビグ・サムを相手に戦い、アムロ・レイに勝機をもたらすため犠牲的な戦い方をして戦死した。

この戦いのさなか、スレッガー・ロウミライ・ヤシマに母親の形見の指輪を託していた。

登場人物・キャラクター

ジオン宇宙攻撃軍総司令官。階級は中将。デギン・ソド・ザビ公王の三男。身長210センチの巨漢。妻はゼナ・ザビ。娘はミネバ・ザビ。顔に複数の傷があるが、これは次兄サスロ・ザビが爆殺された際、同じ車に乗って...

関連キーワード

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場する軍用艦。地球連邦軍所属のペガサス級強襲揚陸艦に分類される。全長262メートル、全高93メートル。52センチ連装火薬式弾砲を2門、メガ粒子砲4門を主要...

登場作品

人類が、増えすぎた人口を地球の周りの数百基の巨大なスペースコロニーに移住させるようになり、すでに半世紀がたっていた。宇宙世紀0079年、地球から最も遠い宇宙都市、サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦...