スー

スー

モンスター娘のいる日常(漫画)の登場人物。

登場作品
モンスター娘のいる日常(漫画)
正式名称
スー
ふりがな
すー
関連商品
Amazon 楽天

概要

少女型のスライム。大きさは自由自在、重さも変幻自在。公人の家には4番目にやってきた。ただし「他種族間交流法」に基づいた留学生ではなく、密入国者。墨須の独断と偏見で公人の家に預けている。基本的には不定形で、普段は少女の形をとってはいるが、状況に応じて変形する。液体のため、布の服を着ることができないので、レインコートと長靴を着用している。公人の家にやって来た当初はしゃべることができず、コミュニケーションはほとんど取れなかったが、次第に人間の行動を真似て、意思表示ができるようになった。周りの仲間の力になりたいという意識が強く、公人や、仲良しのパピらを積極的に助けている。取り込んだもので性格が変わるため、毒を飲むと毒舌になる。栄養剤を吸収して巨大化したり、海水を取り込んで妖艶な熟女のようになったこともある。また、大量の水があるところに入ると、身体が溶けてしまったり、寒い場所では凍ってしまったりと、体調管理には苦労している。悪気なく体内に公人を取り込んでしまい、窒息させそうになったことがしばしばある。触覚は相手の感情を読み取る不思議なもの。口は実は形だけで食事には使わず、口呼吸もしない。手に骨も筋肉もないため、力は強くない。胸は水をためておくメインタンクになっている。水分量で大きさが変わるため、貧乳、美乳、巨乳、爆乳どんなニーズにも対応できる万能。触腕は物を摑んだり、水を吸収したり、触手攻めしたりと便利。粘度の高い粘液を常に分泌しており、非常に滑りやすい。足はあるが、実は歩くのはあまり好きではない。獲物は何でも取り込み、消化できるものなら何でも食べてしまう。公人のことは「マスター」と呼んでいる。

登場作品

モンスター娘のいる日常

舞台はラミアやハーピー、ケンタウロスなどの他種族が存在する世界。人間と他種族の交流を目的とした法案「他種族間交流法」により、様々な他種族が社会に現れるようになった。平凡な青年、来留主公人は、ある日ホス... 関連ページ:モンスター娘のいる日常

SHARE
EC
Amazon
logo