セカンド・インパクト

セカンド・インパクト

新世紀エヴァンゲリオン(漫画)の用語。

登場作品
新世紀エヴァンゲリオン(漫画)
正式名称
セカンド・インパクト
関連商品
Amazon 楽天

概要

物語開始時の15年前、西暦2000年に発生した大災害。地球の地軸の傾きが変わるほどの影響を与え、そのため作中の第3新東京市は季節が常夏に変化している。民間に対しては大質量隕石が南極に落下した事故として説明されているが、実際には使徒の出現やエヴァンゲリオンの建造に関わる秘密が隠されており、その真相こそが物語の鍵にもなっている。

なおこの用語は、原始地球と衝突した天体が地軸の傾きと衛星(月)を作り出したというジャイアント・インパクト仮説に基づき、その衝突事件を「ファースト・インパクト」と数えることで「セカンド・インパクト」と名付けている。

登場作品

新世紀エヴァンゲリオン

庵野秀明監督、GAINAX制作のアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』を原作とした漫画版。原作のキャラクターデザイナーである貞本義行自身が漫画化を行う。ストーリーは概ね、原作のTVシリーズ第壱~弐拾四話まで... 関連ページ:新世紀エヴァンゲリオン

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
新世紀エヴァンゲリオン
logo