セスタス

セスタス

拳奴死闘伝セスタス(漫画)の主人公。

登場作品
拳奴死闘伝セスタス(漫画)
正式名称
セスタス
関連商品
Amazon 楽天

概要

ドリスコ拳闘団に所属する、17歳の拳奴(闘技場で拳闘をする奴隷)。戦士としては小柄だが、俊敏な動きと師・ザファルから伝授された拳闘術で、数々の死闘をくぐり抜けてきた。純粋無垢で、本来は戦いを好まぬ心優しい少年だが、敗北が死に直結する拳奴の世界では、戦って勝つ以外に生き残る術はなく、いつか自由を勝ち得るために拳闘の修行を続けている。

『拳奴死闘伝セスタス』では、ローマ皇帝ネロ主催の闘技大会予選に出場するところから物語が始まる。予選では、拳闘士となって2年間戦い続けてきた経験と日々の鍛練により、体格で勝る対戦相手を次々と撃破。それらの戦いを通じて、新たに圧縮打法を会得したセスタスは、予選決勝の相手フェリックスの曲射打法に苦しめられながらも、圧縮打法による腎臓打ちでKOし、本戦出場を決めた。

シチリア島で開催された本戦では、予選とは段違いの強豪揃いのなかで戦うことになる。初戦の相手はザファルの師であるデモクリトスの弟子・イオタ

独自の間合いを保つ、掴みどころのない強敵だったが、予選での経験を活かして勝利し、二回戦へと駒を進めた。

関連人物・キャラクター

ザファル

セスタスに様々な拳闘技術を教える師匠であると同時に、身寄りのないセスタスにとっては父親的存在でもある。かつては神速の剛拳・ヌミディアの拳狼などの異名を誇る伝説的拳闘士だった。しかし、ルスカの父・デミト... 関連ページ:ザファル

登場作品

拳奴死闘伝セスタス

1世紀のローマ帝国を舞台に、命がけの拳闘で勝ち抜かなければ生きていけない少年・セスタスの、過酷な闘争の日々を描く格闘漫画。技来静也の代表作『拳闘暗黒伝セスタス』の直接的な続編として語られる物語で、皇帝... 関連ページ:拳奴死闘伝セスタス

SHARE
EC
Amazon
logo