セフィ・ミカエラ・デビルーク

セフィ・ミカエラ・デビルーク

To LOVEる -とらぶる- ダークネス(漫画)の登場人物。ララ・サタリン・デビルークとは親族関係にある。

登場作品
To LOVEる -とらぶる- ダークネス(漫画)
正式名称
セフィ・ミカエラ・デビルーク
関連商品
Amazon 楽天

概要

ララたちの母。夫はギド。チャーム人の末裔で、異性が顔を見るだけで理性を失わせるほどの魅力(能力)を持つ。恐らくはチャーム人のみが持つ特異なフェロモンが作用していると考えられている。ララモモはセフィの血を濃く受け継いでいることが目元や胸部などの容姿から確認できる。

ナナは髪色だけを授かったらしい。常に顔にヴェールをかけているが、夫ギドとは出会ったときに素顔で対面しており、彼がチャーム人の能力で理性を失わなかったことから惹かれて結婚したことが明らかになる。また、リトも同様にセフィの素顔を見ても理性を失わなかったため、ララたちのことをまとめて託してもいいと半ば冗談のように語っている。

ギドが政務を苦手としているため、第6次銀河大戦終結後の政務を一手に引き受けているデビルーク星最大の要人の1人。

関連人物・キャラクター

ララ・サタリン・デビルーク

メインヒロインの一人。デビルーク星の第一王女。彩南高校2年生。ピンク色のロングヘアーと悪魔のような尻尾がトレードマーク。天真爛漫でマイペースな性格。前シリーズから引き続きヒロイン序列1位であるが、リト... 関連ページ:ララ・サタリン・デビルーク

校長

彩南高校の校長。身長が低く、頭の両サイドから角のように立つ2本の髪、丸く真っ黒なサングラス、チョビヒゲ、そして肥満かつ発汗体質が特徴。美少女を見つけるたびにパンイチで迫る、校長室でエロ本を観賞する、公... 関連ページ:校長

登場作品

To LOVEる -とらぶる- ダークネス

彩南高校に通う男子高校生の結城梨斗(リト)とクラスメイトの西連寺春菜(春菜)は相思相愛であったが、ある日リトのもとに宇宙人でデビルーク星の第一王女ララ・サタリン・デビルーク(ララ)がやってきたために三... 関連ページ:To LOVEる -とらぶる- ダークネス

SHARE
EC
Amazon
logo