セルシア・マリクレール

セルシア・マリクレール

エルフを狩るモノたち(漫画)の登場人物。

登場作品
エルフを狩るモノたち(漫画)
正式名称
セルシア・マリクレール
関連商品
Amazon 楽天

概要

召喚魔法を専門とする魔術師であり、コモンエルフのリーダーでもあるエルフの女性。ルファードを倒すための手段として龍造寺淳平井上律子小宮山愛理を異世界に召喚した。ルファード撃退後、3人を日本に戻そうと儀式を行うがこれに失敗してしまう。淳平たちが呪文のかけらを探すため、エルフを脱がしまくる行為を最初は阻止しようとする。

しかし3人を早く戻した方が被害が減ると考えなおし、旅に同行するようになった。魔術に関しては天才的だが、肝心なところでドジを踏み墓穴を掘ってしまうタイプ。そのドジのため、犬や猿、アホウドリなど動物の姿で旅を続ける羽目になった。淳平とは事あるごとにケンカをしているが、実は密かに好意を持っている。

旅の本来の目的と、淳平への好意との間で揺れ動くことに。

関連人物・キャラクター

龍造寺淳平

日本から異世界に召喚された人物の1人。空手の達人で、特にかかと落としを得意技としている。性格は単純で直情的であり、いわゆる格闘バカ。小宮山愛理のファンであり将来は結婚したいとまで考えているが、反面井上... 関連ページ:龍造寺淳平

関連キーワード

呪文のかけら

『エルフを狩るモノたち』に登場する用語。セルシアが使う、異なる世界を行き来する呪文が、儀式の失敗により5つに分かれてしまったために生まれた。龍造寺淳平、井上律子、小宮山愛理が日本に戻るためには5つの呪... 関連ページ:呪文のかけら

コモンエルフ

『エルフを狩るモノたち』に登場する種族。エルフ族の中でも、人間に近い姿をしている。長い耳が人間との違いだが、魔法やアイテムにより縮めることも可能。種族のリーダーはセルシア。 関連ページ:コモンエルフ

登場作品

エルフを狩るモノたち

セルシアの召喚魔法により、現代日本から異世界へ召喚された格闘自慢の龍造寺淳平、自衛隊マニアの女子高生・井上律子、女優の小宮山愛理。その後、元の世界へ帰すための儀式がセルシアによって執り行われるが、なん... 関連ページ:エルフを狩るモノたち

SHARE
EC
Amazon
logo