センセイ

月光条例(漫画)の登場人物。

  • センセイ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
月光条例(漫画)
正式名称
センセイ

総合スレッド

センセイ(月光条例)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

魔人のランプの中での修行中に、岩崎月光が過去の記憶をさかのぼって出会った人物。山高帽に背広姿で外套をはおっている。田舎で晴耕雨読の生活を送る文人。読み手界の人間だが、月とおしゃべりができる。実家は裕福で、元は学校の先生。昼は畑仕事をしながら土壌や肥料の改良に取り組み、夜は詩や小説を書いている。

勘当同然の父親にはデクノボー扱いされている。肺病持ち。鉢かづきのパートナーで、70年前の月打桃太郎を救っている。自分の物差しで生きることの大切さを散吉に教えた。ふだんは温厚で、人助けの好きなお人好し。幸福の王子の月光条例執行後、病気で死亡。読み手の執行者が最後に与えられるほうびの儀で、うちでの小槌にチルチルに新しい人生をと願う。

モデルは宮沢賢治。

登場人物・キャラクター

偶然額に鉢かづきの持っていた極印を押され、月光条例の執行者になった高校生。東京都緋立市立現高校在学。苦手なものはお月さま、本当のことを言うこと、エンゲキブ、育ての親のじいちゃん。思ったことと逆を言う、...
おとぎばなし『鉢かづき姫』の主人公。月光条例執行のための極印を持つ人間界への使者。使者の中の使者として、呑舟の異名があり、最高の兵器ともいわれる。普段は鉢をかぶっているため顔は見えない。頭上の鉢のおか...
100年前に最強月打されたチルチルが読み手界で転じた姿。チルチルに散るの字をあて、散吉とセンセイが命名。自らを救えるようにとのうちでの小槌にかけられた願いによって読み手界の日本に飛ばされ、月夜の線路で...
おとぎばなし『桃太郎』の主人公。月打後、執行者の誰かが持っているという伝説の武器、呑舟を探して、ツクヨミ構成員のおとぎばなし界の住人を片っ端から倒していく。その際、三枚のお札の小僧の札を使って、倒した...

登場作品

何十年かに一度、青い月光が降り注ぐと、「おとぎばなしの世界」がおかしくなる。そうなると長老会がつくった唯一の法律、月光条例に基づき、執行者はねじれたおとぎばなしの世界を正さねばならない。読み手の世界(...