ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプスト

ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプスト

女帝エカテリーナ(漫画)の主人公。別称、エカテリーナ=アレクセーエヴナ。

登場作品
女帝エカテリーナ(漫画)
正式名称
ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプスト
別称
エカテリーナ=アレクセーエヴナ
別称
エカテリーナ二世
別称
ゾフィー
別称
エカテリーナ
関連商品
Amazon 楽天

概要

北ドイツ地方の田舎貴族の父と、ロシア皇室とも縁がある名門ホルシュタイン=ゴッドルプ家出身の母の間に生まれた少女で、美人の母に似ず不器量であることにコンプレックスを抱いていた。しかし幼い頃から自分が支配する側の人間だという自負があり、凡庸な容姿を補うために勉学に励み、深い教養と知性を身につける。

14歳でロシア帝国皇太子ピョートル・ウルリックのお妃候補となり、母ヨハンナと共にロシア帝国に出立。困難を乗り越え、16歳で晴れて公妃となった際、誰よりもロシア人らしいロシア人になるためロシア正教に改宗し、ドイツ名を捨ててエカテリーナ=アレクセーエヴナと名乗り、玉座への道を1歩踏み出した。

人並み外れた努力家で、語学や哲学、思想書、政治など君主が備えるべき知識をすべてものにした。さらに敏感に時流を読み、的確な判断で危機的な状況を回避する高い政治能力を発揮し、女帝の座へと昇りつめていく。歴史上の実在の人物、エカチェリーナ二世がモデル。

登場作品

女帝エカテリーナ

北ドイツの地方貴族の娘ゾフィー・フォン・アンハルト=ツェルプストが、深い教養と知性を武器に、ロシア帝国ロマノフ朝・第8代ロシア女帝エカテリーナ二世となり、絢爛たる運命を切り開いていく姿を描く。原作:ア... 関連ページ:女帝エカテリーナ

SHARE
EC
Amazon
logo