• HUNTER×HUNTER (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • ゾルディック家

ゾルディック家

ゾルディック家

HUNTER×HUNTER(漫画)、世界的に有名な暗殺者一家。読みは「ぞるでぃっくけ」。

登場作品
HUNTER×HUNTER(漫画)
正式名称
ゾルディック家
ふりがな
ぞるでぃっくけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

高祖父・マハ=ゾルディック、曾祖父、祖父・ゼノ=ゾルディック、祖母、父・シルバ=ゾルディックキルアの母、長男・イルミ=ゾルディック、次男・ミルキ=ゾルディック、三男・キルア=ゾルディック、第四子・アルカ=ゾルディック、第五子・カルト=ゾルディックの5人の子どもがいる。誰も彼らの姿を見たことがなく、顔写真ですら1億近い懸賞金がかけられているとの噂。屋敷が建っているククルーマウンテンはゾルディック家の所有物となっており、観光地として正門までは観光客が立ち入ることができる。この正門は別名「黄泉の扉」と呼ばれ、入ったら二度と出てこられないといわれている。正門を抜けた樹海にはミケと呼ばれる巨大な番犬がいて、「侵入者は全員噛み殺せ」と主に命令されたことを忠実に守っている。

他にも執事としてツボネゴトーヒシタミツバヤスハハサムカスガ、執事見習いのカナリア、ツボネの孫娘・アマネ、使用人のゼブロ、シークアントなどが働いている。

登場作品

HUNTER×HUNTER

世界観主人公の少年・ゴン=フリークスが、生まれてから一度も姿を見たことがない父親・ジン=フリークスと会うために、父と同じくプロのハンターとなり、様々な困難に立ち向かいながら仲間とともに父との再会に近づ... 関連ページ:HUNTER×HUNTER

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
HUNTER×HUNTER
logo