タカシの父

タカシの父

爆音列島(漫画)の登場人物。読みは「たかしのちち」。

登場作品
爆音列島(漫画)
正式名称
タカシの父
ふりがな
たかしのちち
関連商品
Amazon 楽天

概要

風采の上がらないサラリーマン。妻とタカシとともに品川に引っ越してくる。タカシがZEROSに情熱を傾けるようになり、自宅に寄り付かなくなるのと時を同じくして、タカシの父も家に帰らなくなる。家族には内緒で会社をやめ、独立しようと計画していたが、直前になって仲間が二の足を踏んだため、ひとり多額の借金を背負うことになってしまっていた。

これを告白できずにいたため帰宅を避けていたが、のちに覚悟を決めて家に戻る。その後、妻との話し合いの結果、離婚を選択。タカシが幼いころは、タカシを野球選手にしたいと思いキャッチボールなどを仕込んだ。タカシが暴走族にのめり込んでいることに関しては、決して好もしく思ってはいないものの、一定の理解を示す。

登場作品

爆音列島

舞台は1980年代の東京。流されやすい性格の主人公・タカシは、周囲に影響される形で暴走族の集会に参加。最初は決して乗り気ではなかったが、すぐに集団で暴走する行為に魅入られ、自分のバイクを手に入れるなど... 関連ページ:爆音列島

SHARE
EC
Amazon
logo