タカヤ

タカヤ

響~小説家になる方法~(漫画)の作品登場人物。別称、タカヤ。

登場作品
響~小説家になる方法~(漫画)
正式名称
タカヤ
ふりがな
たかや
別称
タカヤ
関連商品
Amazon 楽天

概要

北瀬戸高校に通う2年生の男子。祖父江sofia凛夏とは中学生の頃からの友人で、凛夏に誘われて文芸部に所属するようになった。友人達からは「タカヤ」と呼ばれている。背が高くがっしりした体つきで顔が恐く、いかにも不良然とした外見をしている。ただ不良といってもその行動は、教師に隠れての喫煙など、進学校の生徒らしくおとなしいもの。初対面時、その強面を過剰に怖がった関口花代子とのかかわりを面倒くさがっていたが、徐々に花代子に心を許していく。ただ、恋愛に関してはつねに相手の立場になって考える性質で、花代子のとなりにこんな不良が並ぶのは相応しくないだろうと、一歩引いている。鮎喰響には小指を折られた事があり、以来真正面から逆らう事はない。建築の勉強をしたいと思っており、大学進学を目指している。

登場作品

響~小説家になる方法~

天才的な小説の才能を持つが、非常識な性格の女子高生の鮎食響が、周囲の人々に大きな影響を与え、騒動を巻き起こす姿を描いた青春小説。 関連ページ:響~小説家になる方法~

SHARE
EC
Amazon
logo