タコス八郎

タコス八郎

1ポンドの福音(漫画)の登場人物。読みは「たこすはちろう」。別称、ハビエル・フェルナンデス。耕作とはライバル関係。

登場作品
1ポンドの福音(漫画)
正式名称
タコス八郎
ふりがな
たこすはちろう
別称
ハビエル・フェルナンデス
別称
八ちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

壺井ジムがメキシコから招聘した耕作の初の8回戦の相手。故郷では村祭りのボクシングチャンピオンだった。クリスチャンで腹にマリア様のイレズミがある。ボクシングの次にタコス作りが得意というので壺井ジムの会長に店を任されたが、小学生が肝だめしにくるぐらいまずい。

手首の回転を生かして、耕作に負けた後はたこ焼き屋に転向して日本に残る。

関連人物・キャラクター

耕作

高校を中退してボクシングの世界に入ったフェザー級ボクサー。17歳でプロテストに一発合格していきなり6回戦デビューしたものの、その後はツキとハードパンチャーとしての実力はありながら、持ち前の食い意地が災... 関連ページ:耕作

登場作品

1ポンドの福音

実力はありそうなのに、食い意地の張りすぎでいつも減量に失敗し、華々しくプロデビューを飾った後は4連敗と、負け越し続きの若きプロボクサー・畑中耕作。ボクシングジムの会長や先輩後輩、シスターアンジェラに支... 関連ページ:1ポンドの福音

SHARE
EC
Amazon
logo