タルバ

雷火(漫画)の登場人物。キジノヒコとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
雷火(漫画)
正式名称
タルバ

総合スレッド

タルバ(雷火)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

魏国の政変で邪馬台国に逃れた公孫一族の一人。小柄の太った男で、全身を球体にして高速で回転しながら体当たりする技を得意とする。また、敵の体を手を触れないまま自在に操り、捻じ切るなどして殺す術も使用する。キジノヒコ夜美を相手に戦い、敗れる。

登場人物・キャラクター

邪馬台国の兵で卑弥呼の親衛隊長だったが、卑弥呼の死後に国を手中に収めるべく、壱与を手に入れようとする。神仙術を使い、オタジの腕を斬った優秀な戦士。連合国家の内乱で居場所を失い、狗奴国で登用される。狗奴...
魏国から邪馬台国に派遣された、外交官と軍事顧問のような役割を持つ男。実際は邪馬台国の地下に眠る強大な力の存在を知り、自ら派遣されるよう仕向けていた。魏国の力を嵩に邪馬台国の支配を進めるが、魏国での政変...

関連キーワード

『雷火』で存在が語られる国。邪馬台国を属国とすべく張政を派遣した大陸の強国だったが、司馬懿仲達の叛乱により滅亡寸前となる。これにより多くの人々が邪馬台国や狗奴国に逃れ、またワタハタら公孫一族が張政の下...

登場作品

魏国の張政は邪馬台国を自分の物としようと画策していた。そして女王卑弥呼を暗殺へと追いやり、幼い巫女壱与を女王に仕立て上げて自分の意のままに操ろうとする。山中で壱与と出会ったライカは、壱与を奪回しようと...