ダイイチルビー

馬なり1ハロン劇場(漫画)の登場人物。

  • ダイイチルビー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
馬なり1ハロン劇場(漫画)
正式名称
ダイイチルビー
ふりがな
だいいちるびー

総合スレッド

ダイイチルビー(馬なり1ハロン劇場)の総合スレッド
2016.08.10 14:55

概要

『馬なり1ハロン劇場』の登場馬。「恋のマイル戦」で主人公を務めた一馬(ひとり)。マイル前後のレースを得意とし、同じような適性のダイタクヘリオスと度々レースをともにした。祖母イットー、母ハギノトップレディ、父トウショウボーイと、輝かしい名馬の血筋に生まれたため、お嬢様的な描かれ方をしている。自身もG1を2勝するなどした名牝であった。

ダイタクヘリオスと両想いであったが、お互いに素直なタイプではないため、顔を突き合わすたびにケンカをしていた。良血であったため、戦績は優秀ながら血統的に今一歩であったダイタクヘリオスと結ばれることはなかったが、その死後、作中のオリジナルレース、「なんでもアリま記念」において、お互いの気持ちを伝え合い幸せになっている。

なお、光栄(現コーエーテクモゲームス)の『Winning Post』シリーズでは、ダイタクヘリオスダイイチルビーの娘として、ファーストサフィという名馬が登場している。

登場作品

基本的に毎週行われている競馬のレースをベースに1話完結の物語が作られている。レースに関わった馬と、その関係馬(者)たちにより、恋愛・友情・コメディなど、さまざまなドラマが演じられている。馬が言葉を話し...