ダイオキシン

ダイオキシン

いのちの地球 ダイオキシンの夏(アニメ映画)に登場する科学物質。

登場作品
いのちの地球 ダイオキシンの夏(アニメ映画)
正式名称
ダイオキシン
ふりがな
だいおきしん
関連商品
Amazon 楽天

概要

正式名称はポリ塩化ジベンゾーバラージキンで、これにポリ塩化ジベンゾフラン、ダイオキシン様ポリ塩化ビフェニルを併せてダイオキシン類と総称される。

きわめて毒性の強い化合物で、生物や人間に様々な健康被害を及ぼし、果ては死に至らしめることおある。その持続性の強さ、解毒の困難さは、放射能に匹敵するとも言われている。ベトナム戦争で米国が用いた枯葉剤の材料であったことでも知られる。

登場作品

いのちの地球 ダイオキシンの夏

1976年7月10日、北イタリアのセベソに暮らす少女ジュリアは、友人たちを招き自宅の庭でささやかな11歳の誕生日パーティを開いていた。その時、轟音と供に北方の空に巨大な黒煙が吹き上がり、付近には白い微... 関連ページ:いのちの地球 ダイオキシンの夏

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
いのちの地球 ダイオキシンの夏
logo