ダイバダッタ

ブッダ(漫画)の登場人物。

  • ダイバダッタ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ブッダ(漫画)
正式名称
ダイバダッタ

総合スレッド

ダイバダッタ(ブッダ)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

バンダカの子ども。オオカミに育てられ、その後、獣として暮らすナラダッタと出会い、人間の世界へ戻される。大人になると、タッタを見いだし剣士としてマガタ王国へ売り込み、ともに王に仕えることになる。その思想は弱肉強食こそこの世の真理とするもので、シッタルダと真っ向から対立する。

しかし、毒のために声を失ったミゲーラを、その心の中に入ることで再び話せるように治療したシッタルダをみて、本物の聖者だと確信する。1000人を超えるようになったブッダの弟子を組織化し、さらにアジャセ王にとりいって教団を乗っ取ろうと画策する。竹林精舎に戻ってきたブッダを殺そうと、毒を塗った爪で襲おうとしてあやまって爪をはがし、その毒によって死んでしまう。

歴史上の実在の人物、デーヴァダッタがモデル。

登場人物・キャラクター

マガタ王国の王ビンビサーラの息子。父王が41歳になるとき、息子である自分に殺される運命であるという予言を憎み、父の悩みをブッダのせいだとして、ブッダを矢で射る。ブッダは命を取り留めるがアジャセはその罪...
世界の王となると予言されたシャカ族の王子。死とは何かという疑問を抱き、飢えや戦いで死んでいく人たちを救うにはどうすべきか悩み、バラモンの行者(実はブラフマン)から、「出家して悟りを開き世界のすべての人...

登場作品

紀元前6世紀、ネパールの小族シャカ族の王子として生まれたシッタルダは、世界の王になると予言されながら、ひ弱で寝てばかりいる少年であった。死とは何かという疑問を抱き、飢えや戦いで死んでいく人たちを救うに...