ダウラギリ

ダウラギリ

最終戦争シリーズ(漫画)の登場人物。別称、巴念速。

登場作品
最終戦争シリーズ(漫画)
正式名称
ダウラギリ
ふりがな
だうらぎり
別称
巴念速
関連商品
Amazon 楽天

概要

2700年代の三合会の首領。常に全身を覆う衣装で声も変え、他人に正体を明かさないようにしていた。デイジという娘がいる。表の顔はカトマンズの市立大学学長、プロフェッサー巴念速として世間でも好評判の人物だった。2765年には若く美しい奥さんを貰って、男の子が生まれたというが、確認はされていない。

身寄りのない子供に、イシュタルの姓を与え、天竜八部衆として育てていた。虚数空間で拾ったに小型爆弾付きの人工心臓を埋めて、手下とした。その後、死んだように偽装していたレイクにプロフェッサー巴念速として殺される。

関連人物・キャラクター

レイク

『最終戦争シリーズ』の主人公の一人。『ドクター・レイクの休診日』『ドクターレイクの花祭り』『ゴドニー&アスール・カンパニー』『風の迷路』『海へいこうね』『風の尖塔』『黒の谷風』『封鎖地区』の主人公。籐... 関連ページ:レイク

関連キーワード

三合会

『最終戦争シリーズ』に登場する組織。麻薬を主に扱う世界的な犯罪集団で、ダウラギリ山の麓に本部がある。組織を誰がいつ作ったかは不明。薬品チェーン、病院、総合商社などの企業とも関係が深い。デーヴァダッタと... 関連ページ:三合会

登場作品

最終戦争シリーズ

西暦2296年に勃発した最終戦争により、人類は20程度の都市国家に生き残るのみになってしまった。科学技術の進歩により、ほぼ不老不死を手にした人類だが、西暦3500年に至るまで緩やかに滅亡に向かっていく... 関連ページ:最終戦争シリーズ

SHARE
EC
Amazon
logo