ダーナ

少年ケニヤ(アニメ映画)の登場人物。ティラノサウルスとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
少年ケニヤ(アニメ映画)
正式名称
ダーナ
ふりがな
だーな

総合スレッド

ダーナ(少年ケニヤ)の総合スレッド
2016.01.25 12:30

概要

アフリカ東部イギリス領ケニヤ奥地のジャングルに棲む巨大な蛇。超能力を持ち、人間とも心を通わすが出来る。マサイ族の戦士ゼガと仲が良く、その紹介で村上ワタルとも心を通わした。ナチス・ドイツの秘密研究所で開発されていた原子爆弾を開発者のシュタイン博士が自爆させたために、周囲の空間と共に村上ワタル達がタイムスリップした恐竜時代に出現した肉食恐竜ティラノサウルスと戦う。

登場人物・キャラクター

ナチス・ドイツの秘密研究所で開発されていた原子爆弾を、開発者のシュタイン博士が自爆させたために、周囲の空間と共に村上ワタル達がタイムスリップした恐竜時代に出現した肉食恐竜。村上ワタルを助けに来た大蛇ダ...
アフリカ東部イギリス領ケニヤに暮らすアフリカ人の部族マサイ族の大酋長。ジャングルの中で病にかかって倒れていたところを村上ワタルに助けられ、恩返しにその父村上大介を探す事に協力する。 老人だが聡明で勇敢...
アフリカ東部イギリス領ケニヤの奥地にあるナチス・ドイツの秘密研究所で原子爆弾の開発に従事しているドイツ人科学者。内心はこの計画に反対しており、ナチス・ドイツの秘密研究所の責任者のフォン・ゲルヒンに反感...
第二次世界大戦直前に、アフリカ東部イギリス領ケニヤに暮らしていた日本人の少年。実業家の父村上大介と奥地に来ていた1941年12月、日本がイギリスへ宣戦布告した際に発生した混乱で一人取り残された。その後...

関連キーワード

『少年ケニヤ』に登場する時代。アフリカ東部イギリス領ケニヤ奥地のジャングルにあるナチス・ドイツの秘密研究所で開発されていた原子爆弾を、開発者のシュタイン博士が自爆させたために、周囲の空間と共に村上ワタ...
『少年ケニヤ』に登場する部族。アフリカ東部イギリス領ケニヤに実在する部族。勇猛で知られ、その大酋長ゼガは村上ワタルに命を助けられ、野生で生きる部族の知恵を伝える。
『少年ケニヤ』に登場する地域。第二次世界大戦時、アフリカ東部に実在したイギリスの植民地。日本人も居住しており、村上ワタル達の一家も住んでいた。
『少年ケニヤ』に登場する施設。アフリカ東部イギリス領ケニヤ奥地のジャングルにある、ナチス・ドイツが設置した、原子爆弾を開発するための秘密研究所。責任者である軍人のフォン・ゲルヒンが、科学者シュタイン博...

登場作品

1941年12月、アフリカ東部イギリス領ケニヤに住んでいた日本人の少年村上ワタルは、実業家の父である村上大介に連れられて、奥地に行った。しかし、間も無く日本がイギリスに宣戦布告をしたため、混乱の中で父...