チャン/エン

チャン/エン

デッドマン・ワンダーランド(漫画)の登場人物。

登場作品
デッドマン・ワンダーランド(漫画)
正式名称
チャン/エン
関連商品
Amazon 楽天

概要

剥切の側近・ボディーガード。10代の男女の双子。罪の枝は脳と機械を触手状の血で繋いで操作するハロウ・スワロウ。植物状態の結合双生児として生まれたが、剥切に罪の枝の力を見出され、自由に動けるようにしてもらう。そのため剥切をファーザーと呼び、愛されていないと知りつつも忠実に従う。

最後まで剥切を庇い、自らおとりになって剥切の罪の枝によって殺される。

関連人物・キャラクター

剥切 燐一郎

DWの所長。マッドサイエンティスト。国立医療防疫センターでの空絵の元上司。チャンとエンの罪の枝の力を使い、デッドマンの肉体に自分の記憶を移し替えることで、通常より長い歳月を生きている。初登場時は骨と皮... 関連ページ:剥切 燐一郎

関連キーワード

デッドマン・ワンダーランド

東京大震災の10年後にできた日本唯一の完全民営化された刑務所。表向きは東京復興のための観光事業を刑務としている。テーマパークを併設しており、囚人を使った非人道的なショウやアトラクションの収入で運営して... 関連ページ:デッドマン・ワンダーランド

登場作品

デッドマン・ワンダーランド

平穏な毎日を送っていた14歳のガンタは、突如学校が襲われ、唯一生き残ったことから無実の罪でデッドマン・ワンダーランドに投獄される。そこで自分が罪の枝を操れるデッドマンになったことを知る。また死肉祭(カ... 関連ページ:デッドマン・ワンダーランド

SHARE
EC
Amazon
logo