チャーリー

チャーリー

星を継ぐもの(漫画)の登場人物。

登場作品
星を継ぐもの(漫画)
正式名称
チャーリー
関連商品
Amazon 楽天

概要

月面で発見されたの宇宙服に包まれた遺体。調査の結果5万年前の死体と判断される。トライマグニスコープ(ニュートリノ・ビームで物体内部を詳細に3D透視する装置)でスキャンし、その翌日DNA鑑定をする予定だったが火災により消失する。後にルナリアン(月人)という正式名称となる。

専門家達が調査した事実を取り纏めたヴィクター・ハント博士は、その正体が5万年前に消滅した太陽系第5惑星ミネルヴァの人類・セリオス人(元は地球のクロマニョン人)であるということをつきとめる。かつて惑星ミネルヴァでは彼の属するセリオス人、そしてセリオス人と敵対するランビア人との間で戦争が勃発し、その戦いに勝利するため、当時 惑星ミネルヴァの衛星だった月に移動し、月面から敵ランビア中枢部に向けて殲滅兵器(アニヒレーター)を使ったビーム攻撃を決行する。

作戦は成功し本星での闘いには勝利したもののその後も月面での戦闘は続き、援軍を呼ぶため親友のコリエルと共に徒歩にて月面のセリオス軍ゴーダ基地を目指す。

だが、途中、宇宙服のヒーターが故障したことで両足の感覚が麻痺し力尽きる。その際、謎の消滅兵器による惑星ミネルヴァ消滅の瞬間を目撃する。

関連キーワード

ランビア人

『星を継ぐもの』に登場する人種・組織。5万年前に消滅した太陽系第5惑星ミネルヴァに生息していた二つの人類のうちの一つ。惑星ミネルヴァの原生人類・テューリアンが地球から連れてきたネアンデルタール人に特殊... 関連ページ:ランビア人

登場作品

星を継ぐもの

月で真紅の宇宙服を着た人間の遺体が発見される。物質を透過撮影出来るトライマグニスコープの開発者・ヴィクター・ハント博士と生物学者クリスチャン・ダンチェッカー教授はこの謎を解明すべく兵器を持たない軍隊・... 関連ページ:星を継ぐもの

SHARE
EC
Amazon
logo