チュン子

チュン子

のび太の創世日記(漫画)の登場人物。読みは「ちゅんこ」。

登場作品
のび太の創世日記(漫画)
正式名称
チュン子
ふりがな
ちゅんこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

『大長編ドラえもん のび太の創世日記』に登場するキャラクター。創世セットで作られた新地球に住む、クワガタのような姿をした謎の生物。赤ん坊ぐらいの大きさで「チュン」という声で鳴く。話すことはできないが、人間の言葉は理解する。山の中で怪我をして動けなくなっていたところを人間の老人・野比奈に助けられ、チュン子と名付けられる。

おとぎ話「舌切り雀」がモデルになっている。

登場作品

のび太の創世日記

ドラえもん、のび太が作った新地球を舞台に、彼らと仲間たちの冒険と、地球と人類の歴史を描く。またこの作品は、短編『創世日記』をはじめとする様々な藤子・F・不二雄作品がベースになっている。『ドラえもん』の... 関連ページ:のび太の創世日記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
ドラえもん
野比 のび太
源 静香
剛田 武
骨川 スネ夫
昆虫人
場所
その他キーワード
創世セット
logo