ツノミ

ツノミ

神武(漫画)の主人公。別称、武角身。ナムジとは親族関係にある。

登場作品
神武(漫画)
正式名称
ツノミ
ふりがな
つのみ
別称
武角身
別称
阿遅鉏高日子根尊
関連商品
Amazon 楽天

概要

ナムジタギリの長子。沖ノ島で育つ。父ナムジが隠れて後、相続権を持つ弟ツヌヒコと共に於投馬(いずも)に連行されるが、命を狙われ、叔父オオドシの治める大和に逃れた。その後、邪馬台国の皇子イワレヒコに仕え、オオドシの死後、彼の娘ミトシの婿にイワレヒコを迎えるよう尽力する。

日本神話の複数の神、加茂建角身命(カモツヌミノミコト)、八咫烏(ヤタガラス)、阿遅鉏高日子根尊(アヂスキタカヒコネノミコト)がモデルとなっている。

関連人物・キャラクター

ナムジ

ツノミ、テルヒメ、ツヌヒコの父。タギリの夫。前・於投馬王(いずもおう)。沖ノ島を本拠にムナカタ海人族を率い、於投馬の追手と十余年に渡って戦い続けていたが、邪馬台国(やまとのくに)の大軍を前にして、忽然と海の中に消え去った。その際、「生きて根の国に棲み、幽界に棲む!」と言い残した。

登場作品

神武

ナムジ(大国主命)の息子ツノミ(賀茂健角身命)がイワレヒコ(神武)に仕え、大和王朝の礎を作るまでを描いた歴史ファンタジー漫画。『ナムジ』の続篇にあたる作品。 関連ページ:神武

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
イワレヒコ
ヒミコ
ワカヒコ
ウマシマチ
弟ウカシ
logo