ティッツァーノ

ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風(漫画)の登場人物。ブローノ・ブチャラティとはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風(漫画)
正式名称
ティッツァーノ

総合スレッド

ティッツァーノ(ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

パッショーネのボス・ディアボロの直属親衛隊のひとり。スクアーロとのコンビでブローノ・ブチャラティのチームを襲撃。自身のスタンド「トーキング・ヘッド」をターゲットの舌に取り付かせ、思っていることと逆の言動をとらせる。スクアーロの協力でナランチャ・ギルガの舌に取り付き、チームを混乱に陥れてスクアーロの攻撃をサポートする。

しかし、ナランチャ・ギルガが自分の舌をナイフで切断するという予想外の行動をとったために呼吸を大きく乱してしまい、そのためエアロスミスの二酸化炭素を探知する能力によって居場所を特定されてしまう。そして水のない場所へ誘い出されて攻撃手段を失ったスクアーロのため、彼をエアロスミスの銃撃から庇うとともに、血液でクラッシュの出現環境を作って絶命する。

登場人物・キャラクター

ギャング組織パッショーネのボス。複数の偽名を持ち、自分の正体を探ろうとする者を決して許さない。その手がかりとなることが懸念された、実の娘であるトリッシュ・ウナをも自らの手で葬り去ろうとした。また、ヴィ...
ギャング組織パッショーネの一員で、ジョルノ・ジョバーナの所属するチームのリーダー。地元の市民たちには非常に慕われている。組織の上層部からの信頼も厚く、ポルポの死後は幹部に昇進。しかし、自分のチームに下...

関連キーワード

『ジョジョの奇妙な冒険 Part 5 黄金の風』の舞台となる組織。イタリア語で「情熱」の意味を持ついわゆるギャング団だが、構成員に多くのスタンド使いを擁することが特徴。その要因は、ポルポが行う「入団試...

登場作品

舞台となるのは2001年のイタリア。ギャング・スターに憧れる少年ジョルノ・ジョバァーナは、とあるトラブルが原因で、ギャング団「パッショーネ」の一員であるブローノ・ブチャラティに狙われる。しかし、戦いの...