ディーン・メーストル

ディーン・メーストル

からくりサーカス(漫画)の登場人物。

登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
ディーン・メーストル
ふりがな
でぃーんめーすとる
関連商品
Amazon 楽天

概要

白金が自分の血縁である白家からさらってきた子ども。しろがね犬によって白金が溶けた「生命の水(アクア・ウイタエ)」を飲ませられたため、白金の記憶と人格を有している。フランシーヌ人形に植毛されているフランシーヌの髪を使って、フランシーヌを自分のように作り上げようとして1824年にクローグ村を訪れた。そこにフランシーヌ人形の姿はなかったが、フランシーヌにそっくりなアンジェリーナと出会い強烈に心惹かれる。そこで自分は「しろがね」である「ディーン・メーストル」と名乗り、アンジェリーナの体内にある「柔らかい石」を狙ってくる自動人形(オートマータ)を相手に戦った。「しろがね」の中では「オルガン部隊」のリーダーに抜擢されるまでになったが、厳密には、「生命の水」といっても白銀が溶け込んだものを飲んだのではないため「しろがね」とはいえない。

やがて、突然村からアンジェリーナが失踪し、数十年後に日本で結婚したとの連絡を受けて日本へと向かう。日本でアンジェリーナと再会し、才賀正二にも協力するために彼の息子を演じ、才賀貞義と名乗る。異常に長寿な「しろがね」である自分たちが周囲に怪しまれないよう、父親役と息子役とを入れ替えながら長年生活していた。しかし、アンジェリーナが正二の子どもを身籠もったことを知り、ある計画を実行するためにいったん日本を後にする。

登場作品

からくりサーカス

拳法の達人である加藤鳴海と、莫大な財産を相続したため親族に命を狙われるようになった才賀勝、そして「しろがね」を名乗るエレオノールという女性を中心にした、人類と、人類に仇なす自動人形との戦いを描いたファ... 関連ページ:からくりサーカス

SHARE
EC
Amazon
logo