デブ松

父の魂(漫画)の登場人物。読みは「でぶまつ」。別称、羽柴 秀松。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
父の魂(漫画)
正式名称
デブ松
ふりがな
でぶまつ
別称
羽柴 秀松
別称
デブタン

総合スレッド

デブ松(父の魂)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

南城丈太郎の弟子。南城親子と苦楽を共にする忠誠心に厚い男。隼人にはデブタンと呼ばれる。丈太郎が東郷運動具株式会社の社員になった時は、南城バット工場の看板を一時預かり、会津に帰ったふりをして、東京で焼き芋屋の屋台を引きながら親子を見守った。のちに超一流デパート・織田百貨店の専務取締役になり、父を亡くした隼人の後見人として、隼人の高校入学を後押しする。

隼人入学の後は織田百貨店を辞め、南城バット工場再建に尽くす。織田百貨店の令嬢、織田令子と結婚し、一子・秀人をもうける。

登場人物・キャラクター

主人公・南城隼人の父。隼人には「トウタン」と呼ばれる。折れないはじきの良いバットを作りに命を懸ける日本一のバット職人。頑固一徹。会津若松でバット工場を経営するが、原材料のトネリコの木がなくなるなど、経...
昭和25年会津若松で生まれ、3歳の時、父のバット工場移転のため東京に引っ越す。3歳にしてその眼光で長島茂雄を威圧する桁外れの闘志を持つ。また、5歳の時、中学生の王貞治に左打ちをアドバイスするなど、天性...

登場作品

昭和25年、非凡な才能を持つプロ野球選手・波原豪は肺病のため成績不振に陥っていた。波原はスランプ脱出のため、妹・南城民子の夫であるバット作りの名人・南城丈太郎にバットを注文する。民子は息子・隼人を連れ...