トゥバン・サノオ

トゥバン・サノオ

海皇紀(漫画)の登場人物。

登場作品
海皇紀(漫画)
正式名称
トゥバン・サノオ
ふりがな
とぅばんさのお
関連商品
Amazon 楽天

概要

大陸一と名高い兵法者。滅亡した小国オンタナの遺児であるマイア・スアルを保護し、彼女と共にカガクを探す旅を続けていた。その途中でファンと出会い、マイア・スアルともどもファンが艦長を務める影船八番艦の客分となる。オンタナの禁域であるテラトーにおいて、魔獣の森守を撃退した唯一の人間であり、その剣の腕はすでに人間の域を超えているとも言われる。

関連人物・キャラクター

マイア・スアル

西の大国ロナルディアの侵攻によって滅ぼされた小国オンタナの王女。母国復興の手段となるはずのカガクを探し求めている。自らの体を代償に、ファンにカガクの手がかりがあるという土地グリハラへの案内を依頼する。

関連キーワード

オンタナ

『海皇紀』に登場する国家。マイア・スアルの生国。小国ながら精強な騎士団を擁することで知られていたが、関係良好だったはずの隣国ロナルディアからの急襲を受け、滅亡した。ロナルディア軍は、この戦いでドルドルーヴォの火と呼ばれる魔道の兵器を使用したとされる。

登場作品

海皇紀

科学技術文明が伝説のものとなっている超未来を舞台に、海洋民族海の民の一員であるファン・ガンマ・ビゼンの活躍を描く作品。個人の冒険談であると同時に、大国間の存亡を賭けた戦争を描く未来史物語としての側面も... 関連ページ:海皇紀

SHARE
EC
Amazon
logo