トリエラ

トリエラ

GUNSLINGER GIRL(漫画)の登場人物。

登場作品
GUNSLINGER GIRL(漫画)
正式名称
トリエラ
ふりがな
とりえら
関連商品
Amazon 楽天

概要

担当官はヒルシャー。1期生で、「社会福祉公社」2番目の義体。褐色の肌に金髪のツインテールの少女。身長が比較的高いため、成人女性に変装することもある。大人びた考え方を持ち、他の義体の少女たちの面倒を見ることも多い。また、1期生の中では比較的感情が豊かな方で、強く自分の意思を言うことが多い。

ピノッキオとの戦闘では、ヒルシャーからもらった銃で自分を撃ったことに激しい怒りを感じ、ずっと忘れずにいた。元はスナッフ・フィルムのために拉致され、殺されかけていた少女で、ヒルシャーとラシェルに救出された。本来はヒルシャーは彼女が義体になることを望んでいなかったが、改造されてしまったのを知り激怒。

ジャンの誘いで彼がトリエラの担当官になり、彼女を守ろうと誓う。ヒルシャーからは条件付けをできるだけ軽くさせられている。また、戦いに出る時、少しでも怪我をさせないよう、生き延びることを強く言われているため、彼に対して複雑な思いを抱えている。やがてヒルシャーに惹かれる思いは条件付けとしての気持ちではなく、自分自身の愛情だと理解し、彼と共に少しでも長く生き、共に死ぬことを決意。

チーム戦闘時は突入役に回ることが多く、射撃のみならず近接戦闘にも長けている。義体少女の中では珍しく、生理の描写がある。

登場作品

GUNSLINGER GIRL

イタリアの政府機関「公益法人社会福祉公社」では、死に瀕した少女たちの身体改造と洗脳を行い、一流の暗殺者として育てていた。これはテロリストに対抗するための措置で、「義体」と呼ばれる身体は、大怪我を負って... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

アニメ

GUNSLINGER GIRL

国内に様々な対立構造や問題を抱えるイタリア政府は、「社会福祉公社」なる障害者支援法人を立ち上げる。その実態は身体障害の少女たちの体を改造、「条件付け」とよばれる洗脳を施し、暗殺者として行動させる超法規... 関連ページ:GUNSLINGER GIRL

SHARE
EC
Amazon
logo