トーキョー・シティー

トーキョー・シティー

百億の昼と千億の夜(漫画)、かつては内惑星連合の首都として栄えた都市。

登場作品
百億の昼と千億の夜(漫画)
正式名称
トーキョー・シティー
関連商品
Amazon 楽天

概要

しかし2900年代に入り、宇宙全体のエネルギーポテンシャル低下現象が起こり、地球は死の惑星となる。トーキョー・シティーもかつては六億人の市民がいたが、3905年にはわずか30人を残すばかりとなっている。

登場作品

百億の昼と千億の夜

アテナイの哲学者プラトンは、長年失われた大陸アトランティスについての研究を進めていた。ある時、アトランティスの子孫が住むというエルカシアの村を訪れたプラトンは、宗主によって自分自身がアトランティスの司... 関連ページ:百億の昼と千億の夜

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo