トーマ・ヴェルナー

トーマの心臓(漫画)の登場人物。

  • トーマ・ヴェルナー
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
トーマの心臓(漫画)
正式名称
トーマ・ヴェルナー

総合スレッド

トーマ・ヴェルナー(トーマの心臓)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

シュロッターベッツ高等中学中等科四年の生徒。13歳。可愛らしい顔立ちと穏やかで優しい性格で、誰からも無条件に愛されるような存在だった。上級生に気に入られており、ヤコブ館のお茶会にも呼ばれていた。雪の日にレーム駅近くの陸橋の金網の破れ目から転落死した。事故死と判断されたが、真相は自殺。

その半年前に、仲の良いアンテ・ローエと共にどちらが先にユリスモール・バイハンを口説けるかという賭けをしていた。トーマは本心からユリスモールを愛していたが、茶番劇でからかわれたと思ったユリスモールは手酷くトーマを振った。飛び降りる前にユリスモール宛ての遺書を投函していた。

登場人物・キャラクター

『トーマの心臓』の主人公のひとり。シュロッターベッツ高等中学高等部一年の生徒。14歳。クラス委員で図書委員、成績トップ。寮で同室のオスカー・ライザーと共に、中等部四年と一年の寮であるヨハネ館で舎監を務...

関連キーワード

西ドイツノルトバーデン地方の中高一貫の全寮制男子校。

登場作品

雪の日、シュロッターベッツ高等中学の生徒トーマ・ヴェルナーが陸橋から転落死した。悲しむ生徒たちに、事故であったという発表が告げられるが、クラス委員で舎監のユリスモール・バイハンの元に届いた、生前のトー...