ドットーレ

からくりサーカス(漫画)の登場人物。ルシール・ベルヌイユとはライバル関係。

  • ドットーレ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
からくりサーカス(漫画)
正式名称
ドットーレ

総合スレッド

ドットーレ(からくりサーカス)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

からくり編に登場する、フランシーヌ人形と同時期に白金によって作り出された自動人形白金に去られたフランシーヌ人形が錬成した擬似体液によって自我を与えられ、アルレッキーノパンタローネコロンビーヌ、とともに最古の四人(レ・キヤトル・ピオネール)と並び称される。

白金に率いられクローグ村を襲撃した際、ルシールの息子を殺害した。サハラ戦終盤、フランシーヌ人形に酷似するアンジェリーナを模した操り人形を前に、動きが取れなくなったとき、ルシールに挑発され、「フランシーヌ人形など関係ない」と発言。その結果ルシールの殺害には成功するも「フランシーヌ人形を笑わせるために存在する」という自動人形の存在意義を自ら否定したため、絶望に苛まれながら崩壊した。

登場人物・キャラクター

からくり編に登場。もともとはクローグ村で平凡な主婦として生活していた。ある年の祭りの日、白金によって村が襲撃され、真っ先に息子を殺害される。撒き散らされた病原菌によってゾナハ病に罹患するも、娘のアンジ...

関連キーワード

『からくりサーカス』に登場する出来事。200年の間、複数の偶然以外は居所を突き止められなかった真夜中のサーカスがサハラ砂漠にあることを知ったしろがねによる総力戦。全世界に散ったしろがねの大多数が集結す...
『からくりサーカス』に登場する設定。白金によって生命の水を与えられたフランシーヌ人形によって作り出された、自立思考する人形。フランシーヌ人形が、自分が笑えなかったために造物主である白金が去ったと考えた...

登場作品

才賀勝はたった二人で生きてきた母親を病気で失うと、初めて父親が世界的大企業・サイガの社長だったことを知る。才賀家に引き取られたものの、愛人の子ということで学校でも家庭でも壮絶ないじめを受ける勝だったが...