ドメニコ会

ドメニコ会

チェーザレ 破壊の創造者(漫画)に描かれている、実在するキリスト教のいち派閥。読みは「どめにこかい」。

登場作品
チェーザレ 破壊の創造者(漫画)
正式名称
ドメニコ会
ふりがな
どめにこかい
関連商品
Amazon 楽天

概要

神への信仰心を表すため、苦行と称して自身の体に鞭を打つなどの行為を行うことで知られている。メディチ家を非難するサヴォナローラが指導している。ピサの南に位置する、貧しい人々の住むキンツィカ区はドメニコ会の管理下にある。

登場作品

チェーザレ 破壊の創造者

才能を見込まれてサピエンツァ大学ピサ校に編入することになったアンジェロ・ダ・カノッサは、ひょんなことから人を惹きつけるカリスマ性を備えたスペイン貴族の若者チェーザレ・ボルジアと出会う。父親のロドリーゴ... 関連ページ:チェーザレ 破壊の創造者

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
チェーザレ 破壊の創造者
logo