ドライゼン

拳闘暗黒伝セスタス(漫画)の登場人物。

  • ドライゼン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
拳闘暗黒伝セスタス(漫画)
正式名称
ドライゼン

総合スレッド

ドライゼン(拳闘暗黒伝セスタス)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

アルゴス出身のローマ帝国徒手格闘兵団衛帝隊副長。相手の動きを利用する体術と、打撃、関節のいずれもこなす優れた格闘家で、ルスカの師匠でもある。幼なじみのデミトリアスとは兄弟同然の間柄で、ルスカにとっても歳の離れた兄のような存在。デミトリアスとルスカの確執を感じとり、その関係性に頭を悩ませる。

登場人物・キャラクター

ルスカの実父で、皇室警護からスパイの摘発まで請け負うローマ帝国徒手格闘兵団衛帝隊の隊長で、別名「アッティカの金獅子」。かつてザファルとの一騎打ちで勝利を収めたものの、右眼を失う。総合格闘技パンクラティ...
ローマ帝国徒手格闘兵団衛帝隊に所属する16歳の少年。父・デミトリアスの厳しい指導のもとで総合格闘技パンクラティオンを学び、多彩な技とその美貌で「黄金のルスカ」「ローマのルスカ」の異名を持つ。ふだんは思...

関連キーワード

『拳闘暗黒伝セスタス』の登場団体。ネロとアグリッピーナが使役する私兵集団で、宮殿への出仕を許される正規隊士は全員がいずれ劣らぬ徒手格闘の名手である。その役割は、皇室の警護からスパイの摘発など多岐にわた...

登場作品

ローマ帝国時代、ローマ郊外のヴァレンス奴隷闘士養成所で修行に励んでいた少年セスタスは、新しい拳奴として闘技場(アリーナ)で行われる皇帝主催の養成所対抗戦に出場する。初戦で圧倒的な勝利を収めたセスタスは...