ドローム

ウルトラヘヴン(漫画)に登場する施設。

  • ドローム
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ウルトラヘヴン(漫画)
正式名称
ドローム

総合スレッド

ドローム(ウルトラヘヴン)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

瞑想センターの「本丸」と呼ばれる。参加者は各自の脳の特性を記憶させたIDチップを席のスロットに差し込み、参加者ひとりひとりの内面を反映した共同幻想世界を彷徨することができる。共感覚トランスゾーンとも呼ばれる。

関連キーワード

『ウルトラヘヴン』に登場する施設。通称メーセン。元衛生局の研究者である桐山によって創立された。意識と物質を瞑想によって相転移させ、意識で物質に働きかける、いわゆる超能力を可能にさせる訓練を行っている。

登場作品

自殺願望を持つカブはドラッグに溺れ破滅的な日々を送っていた。あるとき、謎の売人から特別製と言われて飲まされたドラッグウルトラヘヴンによって、虚実の境界がひどく曖昧になってしまう。そんな折、友人に誘われ...